第88回 子どもの部の意識向上

お子さんの合気道に対する姿勢が非常に良くなって来ました。

1.左右両方の受け身。

2.正面打ち一教、表裏、の切り分け。

3.正面打ち入り身投げの受けの向上。大きく一歩足を踏み出して、手先を見ながら付いていく。内側の足での受け身。

4.片手取り四方投げの裏表。

この四つが出来るようになりました。このままいけば12月の審査も楽しみなものになるでしょう。

 

一般クラスの受けについては、やはり単に受けを取ると言うより、最後まで攻める意識が重要なんだなと思います。受ける姿勢というのは一見負けているように見える。しかし、実際は相手の中心をとり続けているのです。

 

コメントを残す