土曜日朝六時半【筑波合気道クラブ】梅園T-1テニスにて月約4回の稽古です。 【守谷合気道クラブ】守谷中学校の武道場で、週一回木曜日月四回稽古です。

第349回 正面打ち一教について【まとめ(更新)】

まずは楽しむことから

一番最初に習って、しかも最後まで課題が残る技。守谷合気道クラブでの正面打ち一教をまとめます。

Evernote Snapshot 20151029 180916

正面打ち一教という技は、合気道を始めてから、そのキャリアが続くまで稽古します。いの一番に習う技なのに、いつまでも謎に包まれたままの技。だから、いきなり結論を述べます。
20160114-DSC_0069
20160114-DSC_0069

正面打ち一教に完成はありません。その過程を楽しむのみ、なのです(これは合気道の技全般に言えることですが・・・それはともかく)。

溝口師範はよく「相手がまっすぐ打たないと技にならない」とおっしゃいます。それはそのはずで、相手の正面がずれてしまっていると、こちらの技を繰り出すときにいったん微調整してから出さないといけなくなるからです。

基本の動きを言葉で表現してみます。

受け身が打ってくる腕の脇腹からすり上げていくイメージ。タイミングが重要です。相手が腕を振り上げるのと同じタイミングで、自分は遠い足先からお腹を通じて手を挙げていきます。このとき肩口から挙げては相手と肩でぶつかります。

下方向を指さしながら振りかぶるタイミングを待つ。

相手と一番通り足から発動します。これが最も大切なポイント。なぜなら、前がかりになると肩に力が入ってしまうからですね。お互いにこれができると肩がぶつからず、お腹で
どーん
という感じで相互に衝撃があります。

その後、自分が踏み込んでいる側の足の土踏まずをしっかり踏む。そこに体重が乗る。乗った体重をひざの前屈ではなく、全体重を引き寄せ、支点を接点に持っていく。ときどき踏み込む足を出すのではなく、体重をかけた足を引くような動きをする師範がいらっしゃいますが、原理的には足を踏み込むのと同じことになります。

相手との間合いを計った後、相手の中心に向かって入っていきます。その時重要なのは、押し込むのではなく、あくまで自分の姿勢を保つこと。足が地について、同時に頭が天に届くように姿勢を正して、相手を中心から崩していく。

お腹ががっちり噛み合って、上半身の力が胸筋から抜けていくと相手は落ちていきます。相手に踏み込んでいく足は、いわゆる入身です。入身した場所に立つことが出来れば、立ったとき相手は崩れているはずです。

一教の稽古。楽しいですね。複雑で何度やっても飽きない技の一つです。

問題は腕を下ろすとき

一教のとき、踏み込んで自分の腕を上げていきますよね。師範は「鳥が羽ばたくように一緒に羽をあげていく」と表現されています。一度鳥の羽ばたく様子をスローモーションで見てみる必要があります。

さて、問題はその腕を下ろすときなのです。

一教は、踏み込んでから相手を遠くへ投げるのではなく、下に下ろしてしまって、上に自分の身体を乗せて制御する技なのです。自分が上になり、起き上がろうとしても起き上がれないようにするのが要諦です。

印刷 印刷

日付:2017/01/25 16:29

« »

体験希望者お待ちしてます!

カテゴリー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別記事

スポンサーサイト