ブラウザの横幅を広げてください

合気道の仕手は、受けにいったん全てを委ねてみる

この記事の項目

△肩甲骨の下の筋肉を意識し続ける稽古。

無時間モデルってご存じでしょうか。

「買いたい!」→「手に入った」

この矢印の間に時間的要素がなるべく介在しないように、というのが無時間モデルの考え方です。ふと思い立って何かを買いたいと思ったときに、どれぐらい身近にいられるのか、というのが発想になっています。コンビニが一番身近な無時間モデルの典型例なのでしょう。

しかし無時間モデル、というのはなんだかちょっと神経症的な感じを受けます。

あまりに早すぎるのです。熟成期間がない、とも言えます。

発酵食品は、時間が経たないとおいしくならない

発酵食品は、時間が経たないとおいしくならないですよね。

それを拙速でやろうとするとろくなことがありません。

時間を早め、多く収穫し多く消費してもらう。

これが養殖の発想なのですが、やりすぎはまさにブロイラーです。

そしてここで合気道の話題です。勢い、いっぺんに教えていっぺんに上手くなって欲しいと願うものですが、後輩を育てていくのはまさにながーい目で見ないといけないと思います。

各々それぞれの事情を抱えて上手くならないものなのですから。

自分の成長過程を振り返ってみますと、一つの課題を抱えているとしたら、その課題がクリアできない内は、いくら高尚なことを言われても解決にはいたらないという時期がありました。

ブレークスルーはある日突然にやってきます

技のブレークスルーはある日突然やってきます。

私にとって、大きな技の転換期は「掴んできた受けの意図をまずはそのまま自分の中に取り入れる」ことをしてみたときでした。

自分の腕をひとまず忘れる。

相手に掴ませる。

ひじの力を抜く。

二の腕の力を抜く。

相手の対軸に自分の対軸をぶつける。

クロスした土踏まずから力を発進させる。

軸で倒す。

最後まで離れない手、が理想です。

お問い合わせ

「受けにいったん自分を委ねる」という記事についてご質問のある方は遠慮なく、お問い合わせください。

▲目次に戻る

記事公開日: 2019年03月31日

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 Moriya Aikido Club All Rights Reserved.