ブラウザの横幅を広げてください

第23回師範稽古 中心から突く!

本日師範稽古でした。ポイント満載なのでひとまず備忘録として。

  • 真向法を準備体操で取り入れる。
  • 片手取り四方投げは、出した手と自分の背骨(正中線)とを結び、突いていく。突いていく流れと、そらす流れを分離しない。突いていきつつ、相手との関係でややそれていく。
  • 四方投げの裏と表は表裏一体。
  • 入身投げで受けは相手に付いていく。接点の手を意識する。襟をつかんで手元に引き寄せる。巻き込むのではなく導いて開いていくイメージ。
  • 正面打ち一教では、手を下ろすタイミングで肩の力を抜いていく。
  • 二教では手首の返しを重点的に。
  • 座技呼吸法でも、いったん相手を突いてから、体重を載せていく。

切り結んだときに、そのまま突いていくか、おろしていくか。剣を載せて返していくイメージ。

ついていくにあたっては、細い線をつくる必要がある。線を極細に保つことで、中に入っていけるはずだから。

記事公開日: 2010年05月13日
最終更新日: 2012年02月06日

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 Moriya Aikido Club All Rights Reserved.