ブラウザの横幅を広げてください

【エッセイ】 大金持ちになったら

みなさんは、棚からぼたもち的に一億円ぐらいの資産が手に入ったとして、何をしますか。

この記事の目次

△ものさしは自分の中にある — イチロー選手の言葉がぐさりこころに刺さります。

「おいしいものを食べて好きなだけ寝る」

合気道という武道のない世の中だったら、ろくでもない私なんぞは「おいしいものを食べて好きなだけ寝る」ぐらいしか、頭に浮かびません。

誰にも文句言われないくらいの稼ぎができたら、サッカーでも観て、家族には威張り散らして、アイスクリームを毎日食べて、ふかふかソファーを買って好きなだけ昼寝することでしょう。

ひたすら快適さをもとめて

徐々に体力が無くなって、まずます不機嫌になって、皿も洗わず、お風呂も掃除せず、ひたすら快適さをもとめて、ぶくぶく太っていくんじゃないかな。

やがて病院通い。お金があったら、そう簡単に死ぬこともできない。現代の最高の医療をもってすれば相当な年月、植物人間として「生かされて」しまう。

それもこれも自分が悪いんだけど、自分の最大の敵は自分。自分の欲望を抑えきれない人の末路がこれだ。

‘Protect me from what I want!’

合気道は、そんな自堕落な私を叱咤してくれる。
もう少し上にいけるんじゃないかと思わせてくれる。

お皿を「喜んで」洗うことで、足腰が鍛えられる。
料理をたまにでもすることで、包丁が使えて刃筋が読める。
娘との散歩が左右のバランスをはかる機会になる。
床の拭き掃除が、シェイプアップする契機になる。
合気道を通じて人との出会いが広がる。

四十八にして動ける身体

四十八にして動ける身体。

これは、どんな金持ちになっても、どんな有名人になっても手に入らないものだ。

というか、この身体は世俗的な報酬が多ければ多いほど、自堕落な自分が全面に出てきて、むしろもっともっと手に入りにくいものになる。

誰にも奪われない資産としての自分の身体。

そんな身体資源を与えてくれるのが合気道です。

お問い合わせ

この記事についてご質問のある方は遠慮なく、お問い合わせください。

▲目次に戻る

記事公開日: 2019年04月15日
最終更新日: 2019年06月07日
Copyright(C) 2019 Moriya Aikido Club All Rights Reserved.