第322回 相手と同じ形になる

師範稽古備忘録です。

後ろ両手取り。相手と同じ形になり、胸を開き、倒してから乗り込む。

四方投げ。相手に捕まれている部分を動かさず悟られないように足だけなんとか動かしてみる。

一教。肘を耳の後ろにつけるように。受けはプレッシャーが来たら、一度相手の顔を仰ぎ見る。

 

汗だくだったのでシャワーを浴びて、本当にすっきりさっぱりの気持ちよさでブログ書きました。

コメントを残す

第322回 相手と同じ形になる」への1件のフィードバック

  1. あ、そうでしたね。
    手紙が伝わっているといいのですが。

    本日聞いた限りでは来てなかったみたいです。